ABOUT

かつて着物が日常着だった頃、
日本の下着は肌襦袢と腰巻きという
布を纏うだけの開放的なスタイル。
洋服文化が定着すると共に
体を補正する役割を担うようになった下着は、
いつしか身体にとって少し窮屈になってしまったのです。

もう一度、昔の締め付けない下着の心地よさを
わたしの下着づくりに取り入れたい。

そうして生まれたのが、
JUBAN 襦袢(じゅばん)

ONI 童謡「オニのパンツ」で謳われているような ”つよくていいパンツ”
を掛け合わせた、JUBAN DO ONI (ジュバンドーニ)。

「オニのパンツはいいパンツ♪はこうはこうオニのパンツ♪」

JUBAN DO ONIが
あなたにとって身も心もゆるむ
今の時代のオニのパンツとなりますように。

JUBAN DO ONI 代表 黒川紗恵子
パターンナー 深澤由起美